メインイメージ

ネット販売サイト

ネット販売サイトのホームページ制作する場合

ネット販売サイトのホームページ制作を行う場合は、HTML・CSSのコーディングだけでは足りません。ネット販売の購入者情報や商品情報を管理するためのデータベースが必要になります。データベースと画面でやり取りをするためにサーバサイド言語を使ってプログラムを書く必要があります。このためホームページ制作作業としては、上級レベルの作業となります。

ホームページ制作会社の中には、エンジニアを使って作成できる会社もあります。WordPressを使ってフリーでありながらも手軽に実装する方法もあります。

ホームページ制作作業で見ると非常に難易度が高い作業となります。画面だけでなく、サーバ側の制御を用意するため時間もお金も消費しやすいです。

ホームページ制作で見積もりを行うと、値段が千差万別の提示をされます。値段が安いことが必ずしも良いわけではありません。ネット販売サイトは、構築する上でセキュリティについて非常に厳しく行う必要があります。

決済方法がクレジットカード決済・銀行振り込み・現金払い・コンビニ払い・キャリア引き落としのどれを使用するかで難易度が変わってきます。

特にクレジットカードの場合は、情報流出されると致命的な問題と成るので気をつける必要があります。またサーバサイドの言語で実装を行いますが、別会社さんが提供するAPIを使用する関係で実装が難しい部分があります。動作がしない場合に原因が、作っている側か?APIを提供している側なのか?を判断することが難しいからです。作成が終わったとしても本物のクレジットカードを使って引き落とせるかを本番で試してみないと不安な面があります。他にも商品購入時の購入ボタンに対して連打対策も重要です。

間違って連打した場合、連打回数の購入が発生する可能性があります。連打対策を行うことがネット販売では、重要です。検索画面では、SQLインジェクション対策をして置かないとデータが削除されたり丸見えにされたりします。このためセキュリティに対しては、厳しくコーディングを行う必要があります。セキュリティに関しての確認は、第三者に対応してもらうのがベストです。

ホームページ制作会社だけでは、不安な面があります。値段が高い理由が、セキュリティについて対策を行っているので見積もりが高い場合もあります。自分に知識がある場合はまだ良いですが、無い場合にセキュリティについて作ったホームページの状況を調べてくれる会社も利用すると良いでしょう。